宮本やすし
宮本やすし
宮本やすし

宮本裕史 プロフィール

 

本名=宮本裕史(みやもとやすし)

1973年1月31日生まれ、東京都葛飾区生まれ。12歳からチューバを始め、16歳頃トランペットに転向。ジャズ・トランペットを原朋直、クラシック・トランペットを戸部豊の各氏に師事。ウィントン・マルサリス、テレンス・ブランチャード、渡辺勉、岡崎好朗等にもアドバイスを受ける。最も影響を受けたトランペッタ-はクリフォードブラウンとジェイトーマス(シアトル在住)。その他、影響を受けたトランペッターは主にメインストリーム系バッパーが多い。ビ・バップスタイルを専門とするかたわら、現代的なスタイル、また、自由奔放なオールドスタイルの演奏にも定評が有る。後進の指導にも力を注いでおり、東京だけでなく浜松、名古屋、知多にて定期的にレッスンをおこなっている。2007年は参加する角田健一ビッグバンドにて平成19年度(第62回)文化庁芸術祭優秀賞、2010年は同バンドにて日本プロ音楽録音賞最優秀録音賞受賞。

(追加文章)

また、2012年よりバルブトロンボーンでの活動も開始。自己のグループでの演奏はトランペットでの演奏が多いが、さまざまなバンドにバルブトロンボーン奏者として参加し、1オクターブ下ならではの表現にも力を注いでいる。

宮本やすし


以下 フォトギャラリー

(クリックで拡大します。)

※フライヤーなどへの使用は無断で構いません。悪用はやめてね。

大きな画像が必要な方はお手数ですがご連絡ください。


メモ: * は入力必須項目です